虫刺され対策ガイド TOP 》 対処法 ブヨ・アブ

ブヨ・アブ

ブヨというのは、体長3〜5ミリ程度の小さくて黒い虫になります。アブはハエを少し大きくしたような感じで黄褐色をした虫になりますが、いずれもキャンプ 場などでよく生息している虫になります。

ブヨに刺された時はちくっとしたような痛みがあり、蚊に似ていると言えます。しかし蚊とは違ってブヨにさされた際は痒みがどんどんひどくなり、刺されてか ら2、3日経っても痒みが収まらず、刺された部分も腫れあがることが特徴です。

人によっては熱が出ることもあります。その場の対象法としては、早めに痒み止めの軟膏を塗るということになりますが、ひどい時には靴もはけなくなり歩くの も困難になることもあるので、できるだけ病院に行って治療を受けることをお勧めします。

熱をもっている際はその部分を冷やすようにしましょう。また病院では、内服薬を塗り薬と併せて処方してもらうとだいぶ症状が楽になると言えます。

一方、アブに刺されるとビリッとしたような痛みが走ります。痛みがすぐに伝わるために、アブに刺されたときはすぐに気付くことが出来るといえます。ブヨと 同じように皮膚が赤く腫れあがり、次第に強い痒みを伴うようになります。

傷口から血が出るようならばしぼり出して、水で洗い流します。その後、水や冷湿布で冷やします。腫れや痒みがひどいようなら抗ヒスタミン軟膏を塗ったり、 抗ヒスタミン含有ステロイド軟膏を塗ります。こちらも症状がひどい場合は病院に行くことをお勧めします。


対処法