虫刺され対策ガイド TOP 》 対処法 蚊・ノミ・ダニ

蚊・ノミ・ダニ

蚊やノミ、ダニは虫刺されの中で最も多く、ヒトに何らかの被害をもたらします。刺された箇所がお腹や太ももの内側、わきの下などの柔らかい部分ならダニ、 足の下のほうならノミといった具合に、ある程度は推測が可能になります。

ダニやノミの場合は家の畳などに生息し、駆除を考えないと、治ってもまた繰り返し刺されることになります。掻き毟ってしまうと血が出て化膿してしまう可能 性もあるので、かかないようにするということが一番の対策になりますが、刺された(噛まれた)時にはまず、市販の痒み止めを塗って様子をみます。

痒みや痛み、腫れがひどい時は水で濡らしたタオルで患部を冷やし、できるだけ掻かないようにしてください。入浴や飲酒、刺激の強い食べ物は痒みを増す原因 になるのでこのときは控える必要がありますが、入浴の場合はぬるま湯のお風呂であれば構いません。

早めに痒み止めの軟膏を塗っても効果的とされています。またダニというのは口が鋭く尖っていて、皮膚に食い込んでくることもあるので注意が必要です。

蚊などの場合は刺されているのを見た瞬間に叩いてやっつけることが出来ますが、ダニというのは人に食いつくとなかなか離れない上に、無理に離そうとすると 頭部が体内に残って、それが化膿してしまうこともあるので、見つけた時は無理やり引っ張らずにピンセットなどで取るようにしましょう。

虫刺されの症状には個人差があるので、痒みや腫れの症状がひどくなるような場合は医師や薬剤師に相談してください。


対処法


エアコンクリーニング 大垣
エアコンクリーニングを大垣でならまごころ便利屋スマイルで!

インタール
インタールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!