虫刺され対策ガイド TOP 》 虫刺され対策 服装

服装

虫さされは多少仕方ない・・・と思っている方も多いと思いますが、痒みから掻いてしまい、そこから細菌が入り化膿して大変なことになることもあるので、予 防はとても大切になります。

基本的に虫というのは肌が直接露出されている部分を狙って刺してくるので、肌の露出をなるべく減らすことで虫に刺されるのを防ぐことができます。蚊は汗を かいている人や、呼吸数の多い人が刺されやすい傾向にあるということが最近の研究ではわかっています。

夏場に外で汗をかかないようにするというのは難しいですが、服装によってある程度予防することが出来ます。肌の露出部分が多いと、その分刺される確率も高 くなります。熱いとつい露出の多い服を着てしまいがちですが、外に行くときなどは出来るだけ長袖・長ズボンを着るようにしましょう。

これだけでもかなり効果を期待することが出来ます。幼児は特に虫に刺されると痒みを我慢できずに掻き毟ってしまうことが多いので、夏場外に行くときは長袖 を着せるようにしてください。

また黒い服というのは熱を吸収しやすいので、汗が出やすくなります。その逆で白い服というのは熱を吸収しにくいので、汗を少し抑えることが出来ます。その ため、出来るだけ白っぽい服を着ることをお勧めします。

その他には、帽子や手袋をすることによっても虫よけをすることが出来ます。帽子は顔の前に垂らすような網がついているタイプのものをすることによって、顔 の近くによってくる虫を予防することが出来ます。帽子や手袋をする場合でも、出来るだけ白っぽいものを選ぶようにしましょう。


虫刺され対策


エダラボン
エダラボンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!