虫刺され対策ガイド TOP 》 豆知識 アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックとは、抗原によって感作された人が同一抗原に再度接するときにみられる即時型反応をいいます。急激なアレルギー反応によって血圧 が低下して、意識喪失などを起こします。

特にスズメバチなどはハチ毒などによって引き起こされ、一度ハチに刺された人が次に刺されるとアナフィラキシーショックを起こすことで知られています。

症状は全身症状で口腔内違和感から始まり、嘔吐、蕁麻疹、皮膚の痒み、せき、呼吸困難、喘鳴、腹痛、意識障害、血圧低下などがあります。最も重症なのが血 圧低下に伴う意識障害で、この場合は直ちに医療機関で処置をする必要があります。

アナフィラキシーショックを起こすのはアレルギーを持っている人に多くなります。個人差もありますが、アナフィラキシーショックは虫に刺された後、15分 以内には起こることが多くなります。15分以内に抗範囲内に渡って蕁麻疹が出て、その後に血圧低下などが起こります。

誰かと一緒にいる場合は救急車などを呼んでもらうこともできますが、1人でいる場合は意識障害などになると自分で救急車を呼ぶことが出来なくなるので、ア レルギーなどを持っている場合はアナフィラキシーショックの症状が出る前に救急車を呼んでおく必要があります。

その際は、「アナフィラキシーショックを起こす可能性がある」ということを伝えておくようにしましょう。誰かと一緒にいる場合は刺された後に、すぐに病院 に連れて行ってもらうようにしてください。


豆知識


札幌市 ピアノ調律
http://www.piano-inoue.com/

ドレスレンタル
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

ナースサンダル かわいい
かわいいナースサンダルなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!