虫刺され対策ガイド TOP 》 虫刺され薬 局所刺激成分

局所刺激成分

発疹などは局所の刺激によって通じることが多いです。それだけが原因ではありませんが、それによって蕁麻疹などが起こるとされています。

局所刺激成分というのは末梢神経を刺激して軽いマヒを起こし、鎮痒および消炎鎮痛に効果のある成分です。局所の温感刺激作用により血行を促し、炎症や痛み を和らげます。また温感刺激作用により血管を拡張させて、血流をよくする働きもあります。

カンフルやメントールが局所刺激作用や浸透力によって、霜焼けや痒みの症状を軽減する効果を持ちます。局所刺激作用をもつものには、冷湿布と温湿布なども 挙げることができます。局所の炎症を抑えて痛みを和らげてくれる湿布というのは、世界にはあまりない日本特有の薬剤と言えます。

冷湿布というのは局所への刺激作用や、清涼感を持つメントールなどが配合されています。これらの成分は冷たさを感じる神経を刺激するために、冷たい感覚を 与えることになります。冷湿布は体の表面の温度を下げる効果があります。

その逆で、温湿布というのは通常の冷湿布にカプサイシンなど血流を活発にする物質を配合したものになります。これによって皮膚の温度を上昇させることが出 来ます。冷湿布と温湿布はどちらも消炎鎮痛剤を用いているので、薬の効果としては同じになります。

局所への刺激作用というのも同じになりますので、冷たいものと温かいものどちらが好きかで使い分けるといいと思います。体にも優しく、局所刺激成分も入っ ていますが、少なからず副作用はありますので必要以上に貼るのはやめるようにしましょう。

種類も豊富にあるので、自分の体に合うものを見つけることが大切になります。


虫刺され薬


事務服 パンツ
事務服のパンツなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!