虫刺され対策ガイド TOP 》 虫刺され薬 抗ヒスタミン剤

抗ヒスタミン剤

抗ヒスタミン剤とは、アレルギー症状を引き起こす元になるヒスタミンが体の各部位に作用するのを防いで、症状を起こさせないようにする薬です。アレルギー 反応の過程で放出される遊離ヒスタミンという物質とヒスタミン受容体への結合を阻害して、アレルギー反応を抑える効果のある薬の総称となります。

体内にヒスタミンが大量に生じるために起こると考えられている、じんましん・鼻炎・喘息(ぜんそく)などのアレルギー症状の治療に用いられることが多くな ります。使用することでアレルギーの症状を抑えてくれる効果がありますが、治療薬ではありません。

虫に刺された時の急性反応はヒスタミンなどが原因のため、抗ヒスタミン剤の効果が高く、遅延反応に対しては、炎症を抑える効果の強いステロイド剤の効果が 高くなります。しかし抗ヒスタミンは中枢神経に作用する効果が強いので、睡魔に襲われるという副作用があります。

眠気という副作用は困るものなので、中枢神経抑制作用の少ない抗ヒスタミンなども発売されましたが、それでもやはり眠気は消えずに自動車の運転や危険な作 業などには支障があるとされています。そのため、そのような作業を行う場合は抗ヒスタミン剤の服用は避けるようにしましょう。

皮膚用薬には塩酸イソチペンジル、ジフェンヒドラミン、マイレン酸クロルフェニラミンなどが使用されます。抗ヒスタミン剤というのは、第一世代と第二世代 に分類することが出来ます。

中枢作用を弱くして抗コリン作用が弱くなった物は、第二世代に分類されることになります。第二世代にはメキタジン、エピナスチンなどがありますが、日本で は第二世代は抗アレルギー剤に分類されるようになっています。


虫刺され薬


水素水生成器
こちら