虫刺され対策ガイド TOP 》 虫刺され薬 ステロイド剤

ステロイド剤

皮膚科に行ってもらうことのある薬にステロイドの軟膏があります。薬の説明があまりないので、何も知らずに使っている方も多いと思いますが、ステロイド剤 を使用するのには注意が必要になります。

ステロイド剤は副腎皮質ホルモン剤ともいい、腎臓の上にある副腎という臓器から分泌されるステロイドホルモンの一種で、それを人工的に作ったものになりま す。人体で作られるのと同等、もしくはそれ以上の効能があります。

治療目的は、湿疹、皮膚の炎症、じんましん、虫刺されなどの治療になります。ステロイド剤は抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫反応抑制作用及び細胞増殖 抑制作用などがあり、アトピー性皮膚炎の治療などに頻繁に使用され、虫刺されにも使われます。

塗る体の部分によって吸収度が全く違うとされていて、顔に塗る際は特に注意が必要だとされています。ステロイドはその強さによって、もっとも強い〜弱いと いうように、それぞれ5段階にわかれています。

病院で出すのは「強い」までの段階がほとんどになりますが、虫さされが原因でさらに強い効果のあるステロイド剤が出されることもあります。強い効果を期待 することが出来るので治療効果は抜群ですが、用法、用量などを間違えると深刻な副作用が現れるので、医師の指示の元、慎重に使う必要あります。

またステロイド剤使用している間、副腎は機能を休止しているので、自己判断で使用を止めると副腎が正しく機能しなくなるのでこれにも注意が必要です。


虫刺され薬


酒田市の不動産
はこちら