虫刺され対策ガイド TOP 》 基礎知識 虫刺されの治療

虫刺されの治療

ただの虫刺されだから放っておいたら治る…と思って、軽視していると、二次感染や悪化してしまう場合があり、その場合には、治すのに時間がかかってしまうこともありますので、虫に刺されたら早めに治療を行うようにしましょう。

虫刺されの治療には、抗ヒスタミン剤、副腎皮質ホルモン、抗生物質の外用剤などの薬が主に使用されます。それらの薬を、虫刺されの症状に合わせて、使い分けることになります。また、虫刺されの患部が腫れている場合には、冷湿布をするのも効果的です。患部を冷やすと、かゆみが無くなりますので、楽になります。そして、治療においては、虫に刺された患部をかかないようにするということも、大切なことになります。

症状が軽い場合には、市販されているかゆみ止めなどの外用薬でも治ることが多いようですが、赤みやかゆみが、ひどい場合、またはそれらが悪化した場合、なかなか治らずにしこりが出来てきた場合などには、なるべく早く病院に行くようにしましょう。病院に行くと、抗ヒスタミン剤やステロイド外用薬などを処方してくれます。虫さされの治療は長く続くことはないので、ステロイドの副作用を心配する必要はありません。

そして、薬を塗って良くなっても、自己判断で薬を塗ることを中止するのは止めて下さい。自己判断で止めてしまうと、なかなか治らなくなってしまったり、悪化してしまったりする場合がありますので、医師の指示に従うようにし、もう塗らなくても良いと言われるまで、根気よく続けるようにしましょう。


基礎知識


アプルウェイ
アプルウェイなら医療関係者向けの製品情報サイトで!