虫刺され対策ガイド TOP 》 基礎知識 虫刺されとは?

虫刺されとは?

皮膚は身体の一番外側にあり、外部からの刺激を守るバリアーのような役割を果たしています。そのため、身体に有害な物質などを引き起こす微生物などの外敵 と接触する機会も多くなるので、それによって引き起こされる皮膚症状も少なくありません。

虫刺されというのは、昆虫が原因になる皮膚の病気になります。昆虫に刺された皮膚が赤く隆起して、痒みや痛みを感じる状態を一般的に言います。

虫にさされると水疱ができることもあり、体質や昆虫の種類によってはアレルギー反応を起こすこともありますので、単なる虫刺されと思って放置せず、早めの 対処が必要になります。

虫刺されで一番多いのは蚊やダニによるものですが、ペットを飼っている場合は猫や犬に付着しているノミに刺されることがあります。また、刺して血を吸うな どはしませんが、毛虫は毛に毒を持っているものが多く、皮膚症状の原因になります。

他にもハチに刺されると、アナフィラキシー・ショックというショック症状を起こして命に関わる場合があるので要注意です。アトピーをもっていたり、花粉症 や喘息などを持っている人は、虫に刺されると反応が強くなる傾向にあると言われています。

アトピーなどの素因がない方でも稀に大きく腫れることがありますが、大きく腫れると刺し口からバイ菌が入って、二次感染などを起こしやすくなります。

同じ虫に刺されても人によって腫れ方は違いますし、治療も刺された虫の種類によって異なります。適切な処置を行わないと症状を悪化させますので、その虫に 適した治療法を知っておく必要があります。


基礎知識


ティアモ
ティアモを購入するなら当サイトで!

アセタノール
アセタノールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!