虫刺され対策ガイド TOP 》 虫刺されによって起こる病気 ライム病

ライム病

ライム病とは、夏から初秋にかけて発生することが多く、樹木の多い地域に住む、小児や若い成人に発症することが多い病気になります。ライム病は、病原体スピロヘータが、マダニにより媒介されることによって、発症する病気で、1975年にコネチカット州ライムで、集団発生したことが、初めとされていて、ライム病という名前がつきました。

ライム病の原因となる細菌は、マダニの1種によって媒介されますが、このダニは、シカの血を吸うことからシカダニとも呼ばれています。シカダニの幼虫が、ライム病の菌を持つシロアシネズミの血を吸って、病気を運ぶと考えられています。

日本ではそれほど多くありませんが、欧米では、虫刺されが原因で起こる感染症の中で、最も多い疾患になります。ライム病は、47もの州で 発生していて、中でも、マサチューセッツ州からメリーランド州にかけての米国北東部海岸沿いでの発生が、全体の約8割ととても多く、その他でもミネソタ州、カリフォルニア州、ウィスコンシン州などで発症が報告されています。一昔前までは、日本での発症はありませんでしたが、最近では日本で発症したという報告もあります。

ライム病は発症すると危険な病気です。最初は紅斑が出来るだけですが、数日〜数週間すると脳神経麻痺、末梢神経、髄膜炎、潰瘍化、心障害、脳障害など、さまざまな病気を発症する危険があります。どの段階であっても抗生物質で治療を行うことになりますが、早期の段階で治療をするようにすることが大切になります。


虫刺されによって起こる病気


アマリール
アマリールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!