虫刺され対策ガイド TOP 》 虫刺されによって起こる病気 とびひ

とびひ

とびひとは、細菌による皮膚の感染症のことをいいます。夏によく見られる、このとびひは、虫さされによって起こることがあります。虫に刺され、かゆみを我慢できずに、患部をかきむしることによって、患部が細菌感染を起こし、それが身体全体に拡がります。ちなみに、とびひは、大人でもなることがありますが、特に子供に多い疾患のようです。

とびひは、原因になる菌によりは、2種類あります。1つはブドウ球菌による水泡性膿痂疹で、もう1つはブドウ球菌と連鎖球菌の混合の菌である痂皮性膿痂疹です。ブドウ球菌が原因の場合は、半球上の水ぶくれができて、皮膚がジュクジュクした状態になることが多く、ブドウ球菌と連鎖球菌の混合によって起こっている場合は、小さな紅班や丘疹の集まりができて、かさぶたが作られ広がります。

どちらの場合でも強い痒みを伴うことになります。我慢出来ない痒みなので、掻きむしっていると、気付いた頃には、身体中にとびひが広がっています。患部は、乾燥させるのが良いですが、かくのを防ぐためにガーゼで覆うことも大切です。

かきむしらないように爪は短くきって、他の部位に感染しないように、身体を清潔に保つようシャワーの回数を増やしましょう。ただ、湯船に入るのは良くありませんので、とびひがひどい間はシャワーのみを行うようにして下さい。

とびひは、菌によって発症する皮膚病なので、きちんと病院に行く必要があります。軟膏や抗生物質を利用して、感染してしまった菌をなくすことが大切です。治ったように見えても自己判断で治療を止めずに、医師の指示に従うようにし、菌がいなくなる最後までしっかりと治療するようにしましょう。


虫刺されによって起こる病気


【骨盤矯正ベルト・腰痛ベルト】コシラック
http://store.shopping.yahoo.co.jp/koshiluck/koshiluck-belt.html